冷静と情熱の間


まさに恋とはこう
by tp6cs7watt
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


広島高裁長官に寺田逸郎氏=最高裁(時事通信)

 政府は5日の閣議で、相良朋紀広島高裁長官が定年退官するのに伴い、寺田逸郎さいたま地裁所長を高裁長官に任命することを決めた。これを受け、最高裁は寺田氏を広島高裁長官に充てることを決めた。発令は24日付。 

漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間−北海道・海保(時事通信)
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員(医療介護CBニュース)
雑記帳 堂島薬師堂節分お水汲み祭りに2万人 大阪(毎日新聞)
鳩山首相 施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認 上田容疑者は姿見せず(産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-06 04:14

新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)

 東海道新幹線の架線が切れて3時間以上運転がストップした事故で、切断された補助吊架(ちょうか)線は85年の張り替え以降、交換されていないことが分かった。JR東海によると、点検で異常があった個所を部分的に交換することはあるが、定期的な張り替えはしていないという。同社は、切断面の状況からショートして切れた可能性は低く、何かがぶつかったか、腐食などによる老朽化で切れたとみて詳しく調べている。

 補助吊架線は数本の硬銅製の銅線をよりあわせた構造で直径約16ミリ。パンタグラフが接するトロリー線をつり、たわみをなくして高速走行を可能にする。

 JR東海によると、現場付近では85年、高速化に対応するため高性能な補助吊架線に張り替えた。耐用年数などの決まりはなく、年1回の目視点検をしているが、前回09年11月の点検では問題なかった。異常を調べる試験列車「ドクターイエロー」も10日に1回走らせており、27日の走行では異常は見つからなかったという。

 また、補助吊架線ではこれまで、台風で吹き飛ばされた看板に切断されたケースはあった。だが、今回の現場付近では飛来物などは見つかっていない。

 一方、送電停止直前に通過した「こだま659号」12号車のパンタグラフについて、電力を取り込む金属部品「集電舟」がパンタグラフを覆うカバーの中で、集電舟を支える部品(長さ約1メートル)が現場から約50メートル大阪よりの線路わきで見つかった。パンタグラフで破損したのはこの2部品だった。パンタグラフは2日に1回点検しており、27日の点検では異常はなかった。

 事故の影響で、乗り継ぎ列車のなくなった乗客計約125人が東京、名古屋、新大阪の3駅で列車内で宿泊するなどした。国土交通省関東運輸局は29日、JR東海に原因究明を指示し、警告文を出した。【石原聖】

【関連ニュース】
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅
JR東海:高速鉄道システム輸出…米国7路線に照準
JR東海:リニア報告書を国交相に提出
JR名松線:カレンダー完成 全線復旧の願い込め

「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相(産経新聞)
国会で説明「小沢氏が判断」=参院でも代表質問−首相(時事通信)
窃盗 宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-05 06:48

<訃報>堀武夫さん92歳=元運輸事務次官(毎日新聞)

 堀武夫さん92歳(ほり・たけお=元運輸事務次官、元日本貨物航空会長)1月27日、肺炎のため死去。葬儀は親族で済ませた。喪主は長女美耶子(みやこ)さん。

歩道に乗り上げ、男女3人死亡=運転手ら逃走、ひき逃げで捜査−名古屋(時事通信)
<将棋>王将戦第2局 栃木・大田原で28、29日(毎日新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
捜査手法研究会を設置 取り調べ可視化を前提に捜査手法を研究  (産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-04 08:04

<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)

 長崎・五島列島沖で底引き網漁船「第2山田丸」(113トン、不明乗組員10人)が沈没した事故で、船体引き揚げの可否を調査している「日本サルヴェージ」(本社・東京)が、水中カメラで第2山田丸の船名を改めて確認し、27日に画像を公開した。画像には船体の「第二山田丸 長崎」の文字がはっきり写っている。

 第2山田丸は水深約150メートルの海底に沈んでおり、撮影は25日早朝に実施された。既に長崎県総合水産試験場の調査船が、17日に水中カメラで撮影した映像を公開しているが、その際は、船体の別の場所で「田」「丸」の文字などが確認されただけだった。

 第2山田丸が所属する「山田水産」(本社・長崎市)が、日本サルヴェージに船体引き揚げの可否調査と船名再確認を依頼。同社は24日から現場海域で調査を始めていた。【蒲原明佳】

姉夫婦を傷害致死で逮捕=同居の妹に暴行の疑い−広島県警(時事通信)
【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)
武山元衆院議員に有罪=報酬約束、公選法違反−さいたま地裁(時事通信)
普天間移設 候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-03 09:43

日本脳炎ワクチン、経過措置で結論出ず―厚科審小委(医療介護CBニュース)

 日本脳炎ワクチンの今後のあり方について検討するため、厚生労働省は1月27日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会」(委員長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の第2回会合を開いた。積極的な勧奨を2005年から差し控えていることで接種の機会を逃した人に対する経過措置について検討したが、結論は出ず、今後の接種状況や供給状況などを見て再度検討することになった。

 日本脳炎ワクチンの接種は、第1期が初回接種2回(標準3歳)、追加接種1回(標準4歳)の計3回で、第2期が1回(標準9歳)。前回の会合では、昨年2月に「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」が薬事承認されたことを受け、1期の標準年齢の小児に対する勧奨を4月から再開することが決まった。現在は、勧奨の差し控えによって接種の機会を逃した人に対する経過措置が論点になっている。

 この日の会合で事務局は、経過措置について、「2期のワクチンの使用の可否が明確になった時点で議論を行う」「2期の接種機会の確保よりも、1期を完了していない人への接種機会を優先する」の2つの対応案を提示。1期の接種を優先する場合はさらに、特定の年齢に勧奨を行うか、年齢を特定せず広く接種の機会を提供するかについて検討するとした。
 これに対し、委員・参考人が意見を述べたが議論はまとまらず、加藤委員長が、2期の安全性と有効性に関する厚生労働科学研究補助金事業の検討結果や、接種シーズンである夏ごろまでの接種状況や供給状況などを見て再度検討することを提案し、了承された。

 日本脳炎ワクチンをめぐっては、05年5月にマウス脳による製法のワクチンで接種後に重篤な副反応を発症した事例があったため、厚労省が接種の積極的な勧奨を差し控えた。しかし、昨年2月に承認された「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」が、6月に定期接種の1期に使用できるワクチンとして位置付けられている。ただし、2期の接種は、「安全性・有効性が確立していない(使用経験が少ない)」とされ、予防接種法上の扱いは決まっていない。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に
新たな日本脳炎ワクチンの使用でQ&A−厚労省
小児用肺炎球菌ワクチンを国内初承認
ワクチンの早期定期接種を−5万5千人の請願署名

保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相(時事通信)
「いのち」連発、初の施政演説に鳩山カラー(読売新聞)
公設秘書の兼職横行190人、原則禁止なのに(読売新聞)
鳥もブルッ、う〜寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-02 11:28

<福岡元組長射殺>組幹部の無期懲役確定へ 最高裁上告棄却(毎日新聞)

 福岡県須恵町で08年7月、工藤会系暴力団元組長を射殺したとして、殺人罪などに問われた工藤会系暴力団幹部、小野朗被告(41)の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は25日付で、被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役27年の1審判決を破棄し、無期懲役とした2審・福岡高裁判決(09年9月)が確定する。

 2審判決によると、小野被告は篠崎一雄元組長(当時66歳)の自宅前で、篠崎元組長に拳銃を発射して殺害した。福岡地裁は09年3月、「暴力団の組織的関与があるとまでは認められない」と有期刑を選択したが、高裁は「動機や経緯は不明だが、暴力団特有の論理に基づく反社会的な犯行」と指摘していた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
身体拘束:賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
社説:市有地に神社 最高裁の「違憲」は妥当だ
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任

25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
<器物損壊>車13台のガラス割られる 大阪・泉南市で(毎日新聞)
モンスターペアレンツ対策Q&A…都教委配布へ(読売新聞)
賃金改善要求見送り、電機連合が春闘方針(読売新聞)
<脅迫>小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 政治姿勢を批判(毎日新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-02-01 03:52