冷静と情熱の間


まさに恋とはこう
by tp6cs7watt
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

張り切りすぎ?ホッキョクグマ「ロッシー」休養(読売新聞)

 静岡市立日本平動物園(静岡市駿河区)のホッキョクグマ「ロッシー」が、左後ろ足の裏を負傷し、少なくとも1週間は休養することがわかった。

 3月にオープンした「猛獣館299」の運動場で、粗い床面を活発に動き回ったため傷ついたとみられる。

 同園によると4月下旬頃、飼育員らが、足裏の肉球がすり減り、屋内展示室の床などに血痕があることを確認したという。運動場は、岩場に似せたコンクリート製の「擬岩」が配置されているが、表面の凹凸が大きい。足裏にすり傷ができた上、プールのアクリル壁をけってターンなどを繰り返すうちに症状を悪化させたらしい。

 食欲は通常どおりで異変はないが、大事を取って14日まで寝室で休ませた後、展示できるかどうかを判断する。同園は足裏の負担軽減のため、凹凸を削るなどの改修を施す。

 猛獣館のプールで、ターンのたびにアクリル越しに肉球を見られるのが売りもので、館名「299」の由来にもなった。同館のおかげか、連休中(4月29日〜5月5日)の同園の来場者は6万7832人と、前年同期のほぼ2倍に増えた。海野隆至園長は「2歳半のロッシーは人間なら小学生ぐらいで、人がいると喜ぶ。大勢の来場者に張り切って(動きすぎて)しまったようだ」と説明している。

週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
<九尺藤>カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-05-10 22:27
<< アダルトショップ経営者逮捕=偽... 再び時効直前に起訴=暴行事件、... >>