冷静と情熱の間


まさに恋とはこう
by tp6cs7watt
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

国宝・姫路城「見納めの春」スタート 大修理控え1時間早く開城(産経新聞)

 世界文化遺産の国宝姫路城で進められている「平成の大修理」が4月12日から本格化するのを前に、兵庫県姫路市は20日から、開城時間を1時間早めて午前8時とした。

  [フォト]着々と進む姫路城「平成の大修理」

 城内は桜の名所としても知られているが、5年後までは大天守と桜のツーショットを楽しめなくなるため、今年は昨年同期の約1.5倍の「見納め花見客」が訪れると予想されている。首都圏などからの「見納めツアー」の人気も高く、3連休初日のこの日は開城まで約500人が列をつくり、5回の入城制限が行われた。

 大修理は平成27年春までで、4月12日から大天守を覆う素屋根の建設工事に入り、大天守には当分の間、登閣できなくなる。

 2月は前年の2倍の約9万6千人が登閣。花見シーズンには昨年の約15万人を上回る約22万人が訪れると予測される。

 このため市は開城時間を早めた。混雑による事故などを防ぐため、正面登閣口で登閣者をカウントし、JR姫路駅など15カ所に待ち時間を知らせる看板を設置したほか、警備員も増員した。夫婦で訪れた石川県七尾市の池崎節子さん(47)は「混雑すると思い、深夜に自宅を出て車で来ました」と話していた。

【関連記事】
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理
「大修理」体験できます 姫路城集客大作戦 工事期間中、巨大線画も登場
「生涯に一度」の塗り替え見学…大修理を逆手、姫路城観光PR
姫路城ゆるキャラに年賀状送って“お年玉”当てよう
白鷺城の雄姿に磨き 姫路城「平成の大修理」始まる
「しろまるひめ」グッズできたよ 兵庫・姫路
20年後、日本はありますか?

<殺人容疑>「介護に疲れ」69歳妻を絞殺 三重(毎日新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
参政権付与は「対馬への裏切り」対馬市議会の意見書確定(産経新聞)
[PR]

by tp6cs7watt | 2010-03-26 17:45
<< 高松塚古墳 保存まずく壁画劣化... 「欲望抑えきれず」中1男子にわ... >>